スポンサー広告 > 岡山ロードレース選手権 CBR250R
レース > 岡山ロードレース選手権 CBR250R

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡山ロードレース選手権 CBR250R

レース当日、、

前日に監督からもいくつか指導を頂き、
予選を迎えます。

前日の感じでは
敵は青木選手。
前日は1.55秒台に入らなかったのは、本当のようだ
予選はなんと朝の7:50分から、、(;´Д`A

予選の位置どりが7時ぐらいから始まっていました。

狙うはST250のトップと、青木選手。
先頭付近につけようかと思いましたが、最後尾を選択。

後ろから、スリップつかいまくりやで!!ψ(`∇´)ψウハハハハ

しかし、一斉に出るわけではないので間隔が結構空いてしまうΣ(゚д゚lll)

予選は良くて五周しかありません。
スタートし、直ぐに追走開始、
暫くして、5~6台の集団が見えてきた、スリップチャーンス♪(´ε` )

んーーーー!
まぁぁぁあああぁ!!
とぅぅぅ~す!(*`へ´*)

((((;゚Д゚)))))))


Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

Σ(゚д゚lll)ハッ!

このとき、私は重大なことに気がついた。

スリップを使うのが下手くそな事に、、

ぼちぼちうまく行った周は黄旗で急減速。・゜・(ノД`)・゜・。

ここまでのタイムは1.56秒にすら入ったかどうか、、
残るは2周、、

単独の方が速く走れると判断!
単独アタックに入った途端に2コーナーをミス((((;゚Д゚)))))))

やっちまった周のタイムは、、
1.56.4秒
このときでポジションは2番手
あ、これなら五秒台は出るんぢゃない?

チェッカーは振られてない!
ラストアタック

小さなミスを連発しながらも、
大きなミスなく走るが、
ダブルヘアピンでやっちまいました。
INによりすぎてマシンを起こすという初心者丸出しプレー(笑)

ただ一発目だったのが不幸中の幸い?
ロスは少ないはず、、

最終も無事に曲がり出たタイムは、、、

1.55.7秒!
さてさて、青木選手は何秒出したかな??
あわよくば、、なんて気持ちもあったりなかったり。


ドキドキピットイーン( ´ ▽ ` )ノ

チームのみんなからから感動の一言!!

おそっ!!!
へぼっ!!
ダサッ!

Σ(゚д゚lll)ダサッ?

((((;゚Д゚)))))))ススス。、、スイマセン

何だかもっと速く走れる気がしてきたよ!。・゜・(ノД`)・゜・。チキショー

決勝のイメージとしては3~6台のスリップの使い合いになるか、、

青木選手の前でチェッカーを受けるイメージをするが、、
ダメだ、、ストレートで抜かれるイメージしかできない。

間にST250をうまく使ってなんとか、、、??

そんな感じで迎えた決勝、
グリッドに並ぶなり雨(;´Д`A
ドライでレースがしたかった。。

グリッドで緊急タイヤ交換!
チームのみんなと、お手伝いに来てくれたかずさんの協力により無事タイヤ交換完了

ざっと見る感じタイヤ交換できたのは6~7台程度か?
青木選手はドライタイヤだ。
面白みはなくなりましたが、これもレース、勝ちに行かせてもらうYO!

スタートで4~5台抜いてジャンプアップ
1周目は中古タイヤなので慎重に立ち上がります

2周目、バックストレートで青木選手確認。
このペースでこれだけ離れれば大丈夫
タイヤも大丈夫そうになってきたしペースを上げるか・・・
と、思っていた矢先に
スリップから飛び出してくるST250達(笑)

ブレーキングで3台ぐらい抜き返し次の車両を切り替えしの左で抜くために仕込み始めたとき・・

目の前で転倒!
低速すぎてマシンはコース上に残り三台ぐらいのクラッシュへ
もちろん私も・・・・・・

マシンを起こしエンジン始動フロントブレーキがまったく効かないがとりあえずピットまで戻る・・
ブレーキトラブルにてリタイヤとなりました。

勝てる展開のレースを逃したことが悔しかったですね
協力してくれているみんなに申し訳がたちません。

悔やんでもどうにもならないので
また1つ経験できたとしていろんな面を今後のレースに活かしていきます


今回のレースに関してサポートして頂いた皆様、
応援してくださった方々、有難うございました!

結果が残せるよう頑張ります


CBR250R 
バトルファクトリーコンプリート
エンジンオイル ヒロコー スペックR
フォークオイル モチュール
タイヤ ダンロップα12

岡山国際サーキット タイム1.55.7秒

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。