2010年01月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年9月のタマダ2時間耐久レース

これが、タマダサーキットで初めて行われたミニバイクのレースでしたね~
ここからバイクの走行が少しずつ可能になっていったんですね
この次に行くのは当分先の話になるわけですが・・・

それでは
過去の日記をどうぞ~~

タマダ2時間耐久レースに
相方と二人で出場してきましたw
ミニの先生の強制指令で・・w

事が終わるまでは恥ずかしいので秘密裏に勧めたかったらしいっす(相方談)

そうして身内にはいえない事をここで発表・・
実はねレースがあったのは日曜日なんですが、
我が子ともが金曜日から熱をだしてしまいまして・・汗

その熱も下がらぬままタマダに行っちゃいました><

ゆうすけごめん!!;;

さてそろそろミニの話を・・w

まず私、ゼッケン五番だったわけですよ、
そしてゼッケンは先着順で決まることになってるって書いてあったんですね、
んで、締め切りは25日・・
申し込みしたのも25日・・w
で・・五番だったわけです。

え?五台しかいないの!?みたいな?w

正直やる気がちょっとなくなっちゃいましたw

が!しかし!
当日来てみるとかなりきてるんですよw
総勢16台?
SPクラス14台、オープンクラス2台の混走でした^^

スタートはエンジンかけたままのルマン式、(Fカップと一緒ですね^^)

ゼッケン順の並びなので
私は五番手からのスタートだったわけです

日章旗が振り下ろされみんな一斉にマシンに駆け寄り
すたーとぉぉぉぉ!!
まさにここが一番緊張しましたw

一斉に団子状態で1コーナーに向かっていったところ
目の前で転倒している方が・・・w
うまいこと内に入ることができずに外に押し出されちゃいましたw

そして一気に団体からはなされることに・・;;

しかしこけたのは絶対に勝てないと踏んでいた方・・w
内心ちょっと喜んじゃいましたw

さてさてここからが正念場・・
なんていったって二時間耐久ですからね

でも団体さんから離されてちょっとテンションダウン・・w
まあでもゆっくり走るわけにもいかないので
チャレンジ無しの堅実走行をしてたわけです
しかし、以外に抜けることにびっくりw
ちょっと希望が見えてきたところに悲しい事実をお知らせですw

自分・・20分以上長く走ったことないんですw
腰がいたくなっちゃって;;

でも20分で帰ってきたら
ピットに巣くう魔物に殺されちゃいます。。
なんとか頑張りに頑張って!
走りながら色んな手段を使って休みながら・・
30分しか走れませんでしたw

いや~、、面目ない・・;;
一時間でも走れるようになろうと決意した瞬間でした><

そして相方にこうたぁーい!!
しばらく見守っていると
ノリノリでしたw
ブロックあり、抜きありの大激戦w
見ててたのしかったっすw

最近調子良いみたいです^^

見てても危なっかしくない安定した走りで走ってました
(何箇所かやばいのあったけど・・笑)

そして三十分走るのかと思いきや・・
なんと戻ってきましたw
といっても20分ぐらいでですが^^

そしてまた私の出番・・
すでに一回目の走行で腰が砕け気味でしたが
ここまでくるとなんだか乗ってるほうが楽な気がしますw

ときとき腰の痛みでミスをしながらも(ハイサイドしかけたりとか・・リアが流れていったりとか・・w)
何とか約25分走行
また相方にプレゼントw

も~二人ともくたくたでしたw

ここからは特に何もあるわけでもなく、もう気力のみで走ってました・・w

時計を睨みながらひたすら周を稼ぐ戦い・・
楽しいながらも辛い><w
残り25分という所でまた出番が回ってきちゃいました

ここからはもうピットに入らないぞという決意をして出発
(先生にいわせると当たり前ということですw)

すべてが終わってみれば4位という成績でした^^
トロフィーもらっちゃった><

夫婦でこの順位を取れたことがとってもうれしいです^^


~~現在の私~~

相方と二人だけでレースにではのはこれが最初で最後でしたねー
これから先、一緒に出ることはあるのかなぁ?
出てみたい感じもありますが出たら8割ぐらい走らされそうな・・・

このころは今もですが
すぐに腰が痛くなりつってしまい
長く走ることができませんでした、
今以上にいらないところに力が入りまくりだったんでしょうね~

このレースが終わった後、腰が痛くて一度座ったら介護が必要なぐらいヤバかった気がします(笑)
今年はタマダでもスプリントが4回あります。

何秒まで詰めれるか・・・
めざせ!!
夢の○○秒台!!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。